NTT docomoが5Gサービスと端末を発表|3月25日からサービススタート

ドコモが5Gサービスを3月25日からスタート

ドコモ5G

NTT docomoは、3月18日(水)の会見で、5Gサービスを3月25日からスタートすることを発表しました。今回は料金プランや5G対応端末の発表がありました。その他、細かい5Gを活用したサービスなどもありましたが、まだ革新的なサービスはほぼ無いため省略します。

料金プランは2つ

5Gギガホ

5Gギガホ

基本となる大型プランの「5Gギガホ」は、データ量は「無制限」です。

料金は税抜5,480円/月ですが、最初の6ヶ月は税抜4,480円/月となります。いままでの料金プランと比べてもそこまで高くはない上に無制限なので普段からバリバリ使っている人にはかなり嬉しい料金プランと言えます。

5Gギガライト

5Gギガホライト

ライトプランの「5Gギガライト」は、使った分だけ料金が増えていく段階式プランです。

料金は最低税抜1,980円/1GBからで、税抜3,980円/7GBまで確認できますが、それ以上使ったらどうなるかはちょっとわかりません。低速になるのか、5Gギガホと同じ料金になるのか。ただ、それだと5Gギガホの価値がなくなるのでおそらく低速になるものかと思われます(それ以上は料金爆上げはいまのご時世だとやらないかなと……)。今までもそこまでデータ量を使っていない、5Gになったからといって今までとそこまで使い方は変わらないといったユーザーにはこちらで良いかもしれませんね。

5G対応端末

5G対応端末

5G対応端末は合計で6機種+Wifiルーター1機種です。

詳細な端末紹介はしませんが、SONYのエクスペリア1-Ⅱ、Samsungのギャラクシー20+の他、2画面のLG、富士通のアローズ、シャープのアクオスなども機種を出すようです。ミリ波に対応している端末は、ギャラクシーとアローズなのかな。

5GWifiルーター

個人的に注目なのが、Wifiルーターのこの機種です。ちょっとメーカー公表してないのが疑問(まさかファーウェイじゃないだろうな)ですが、ミリ波対応で高速通信の4Gbpsが可能。最新Wifi規格のWi-Fi6に対応していて、さらに高速有線LANポートを搭載しており、有線でPCなどで高速通信できちゃいます。5Gギガホの料金プランでいけば、外出先でも快適に5Gの通信速度を体感できるのではないのでしょうか。家の固定回線より早いとかザラになりそうです。

5Gエリアについて

正式なエリアがちょっと公表されていないので、不明なのですが今のところは該当施設周辺では利用可能となっているようです。

該当エリア・施設のドコモ公式PDF

ドコモの5Gとはによると、

5G(第5世代移動通信システム)とは、PREMIUM 4Gで提供してきた高速・大容量をさらに進化させ、それに加えて低遅延、多数接続の特徴を持った通信である。

とされているので、PREMIUM 4G対応エリアは早い段階で順次5Gに対応していくものかと思われますが、まだまだ謎なのでドコモからの公式エリア発表を待つしかないですね。

PREMIUM4G対応エリア

※上記の赤いエリアがPREMIUM4G対応エリアでほぼ主要人口箇所は全域に近い。

まとめ

エリア的にもまだまだこれからな5Gですが、まだiPhoneが5Gに対応していないので日本人としてはアップルが対応端末を出すだろう9月末から本格的に体感開始になりそうです。それまでにどの程度「革新的」なサービスを提供できるようになるのかが課題ですね。今でも十分に速度は出てると思うので、ただ早いだけでは5Gにするメリットを見つけにくいのが現状です。

NTT docomoの5G公式HPへ