「AppleWatch SE」を入手!|AppleWatchの切り替え設定方法

誕生日プレゼントでAppleWatch SEをいただく

AppleWatchSE

友達から、誕生日プレゼントとして「AppleWatch SE」をいただきました! 今年の新iPhone購入までとりあえず保留していたので有り難かったです! どうもありがとうございます。

AppleWatchSE

AppleWatchは箱もおしゃれです。

AppleWatchSE

今回いただいたのはNIKEモデルです。バンドはアルミニウムシルバーの基本となるホワイトです。

シリーズ3とSEの違い

AppleWatchSE

左がシリーズ3、右がSEです。

  • 画面の大きさ(3は最大42mm、SEは最大44mm)
  • 搭載チップ(3はSiP3、SEはSiP5)
  • 使用できる時計盤の種類

シリーズ3は裸で運用していたので、画面が傷だらけです。今回はちゃんとガラスフィルム貼ってます。3に比べて画面が少しだけ大きくなっています。基準での文字の大きさも見やすくなっているので使いやすいです。そしてなりより、使用できる時計盤の種類が増えているのが嬉しいですね。

AppleWatchSE

表示領域が増えたことで、文字盤に設定できるショートカットも増えていて、時計の種類によっては、5箇所もショートカットが設定できます。

使用頻度の高いものかつ、iPhoneをいちいち取り出さなくても済むものを設定しておくと便利です。私の場合は、スマートロックをのビットロックと、PayPayをショートカットに入れていることが多いです。特にビットロックは玄関の鍵をAppleWatchだけで開閉できるのでかなり便利です。

AppleWatchを購入する際の注意点

iPhoneがないと使えない

AppleWatchSE

AppleWatchは初回起動時に必ずiPhoneとの同期を迫られます。なのでiPhoneを持っていない場合は使用できません。ただし、ご家族にiPhoneを持っている方がいらっしゃる場合は代わりにそのご家族のiPhoneを親機として同期することができるのでその場合は使用可能です(ただし、AppleWatch SEかシリーズ6以上の機種に限る)。

買い替えの場合は旧機種のペアリングを解除する

私は今回はシリーズ3からSEへの買い替えかつ、旧機種は継続使用する予定がないので、ペアリング解除しました。両方使用する可能性がある場合は、ペアリングを解除せずに、そのまま新しい機種をペアリングしても構いません。

Suicaを利用している場合は必ずAppleWatchから削除しておく

Suicaは1つの端末でしか使用できませんので、旧AppleWatchでSuicaを利用していた場合は、削除しておく必要があります。

  1. iPhoneのWatchアプリを起動する
  2. 「WalletとApple Pay」を選択
  3. 「My Suica」を選択
  4. 「このカードを削除」を選択

上記の手順で旧AppleWatchからiPhoneに一度Suica機能が戻ります。このあと、旧機種をペアリングを解除し、新しいAppleWatchをペアリングして、Suicaを入れ直しましょう。

Apple公式サイトでAppleWatch シリーズ6の詳細を確認する

Apple公式サイトでAppleWatch SEの詳細を確認する