iPhone12Proのカメラ性能は暗所に強いだけじゃない?

iPhone12Proのカメラを使ってみた

2020年に発売された最新のiPhoneである12Proですが、暗所により強くなったのはご存知の通りだと思います。暗所や夜景などの撮影は前回の記事通りです。

今回は明るい場所での撮影を敢えてしてみましたので、ぜひご確認いただければ幸いです。

新宿の朝の景色

iPhone12Proで新宿

超広角での朝8時の新宿で撮影しました。少し雲が多いですが交差点全体をしっかり写せています。発色も良く、細部まで綺麗に撮れてます。

秋葉原の朝の景色

iPhone12Proで秋葉原

こちらは朝10時の秋葉原駅前の写真です。驚いたのは、サンパワーがしっかり写せている点でしょうか。

太陽から溢れる光が綺麗に撮れています。これぞ太陽という写真が撮れたのでかなり気に入りました。

スタバで商品撮影

iPhone12Proでスタバ

朝8時のスタバです。商品をポートレートモードで撮影しました。

すでにご存知だとは思いますが、ストローがぼやけることなくちゃんと一体化してはっきり写っていますが、メインである商品より後ろはしっかりボケ感を出せています。

最近はメインのお仕事が変わって、基本夜勤なので、帰宅途中のスタバに週1で寄ってます。自分へのご褒美に。通勤方法は自転車で片道30分なので結構良い運動を毎日できてます。

iPhone12Proのカメラ性能は万能型

夜景もきれいに撮れるし、暗所にも強い。明るい場所はもちろん、ポートレートモードも進化している。iPhone12Proのカメラ性能は万能型です。大きな弱点はありません。11Proで見られたゴースト現象も今のところは見られませんので安心です。

iPhone12ProMaxだとさらに進化しているようですが……わたしは買う予定はありません。とりあえず1年間は12Proで楽しんでいきたいと思います。ただ、SONYのミラーレスは別途ほしい……。