PC・スマホ

「iPhone 13」シリーズ登場、もちろん購入!

iPhone 13 シリーズは大きな変更はなしに見えるが……?

iPhone13

9月17日の金曜日からiPhone13シリーズの予約が始まりました。今年の発表では、特に大きな変更点はなさそうに見えて、今年は買い換えないで良さそうだな~みたいな声がちらほら見かけられました。

私の場合は、変化が少なかろうがどうだろうが1年買い替えサイクル(新しいiPhoneを買って、その前のiPhoneを売る)をやめる気がないので今年も買い替えますが、しっかり見ていくと個人的には嬉しい変更点が多々ありました。

iPhone13シリーズ共通変更点まとめ

・バッテリーの強化

iPhone13は、見た目はあまり変わりませんが、内部設計を大幅に見直しており、より大容量のバッテリーに変更されているようです。12シリーズでバッテリー持ちがあまりよろしくなかったのでこれは純粋に嬉しい。

・カメラ性能大幅UP

シネマなんとかとか自分も映画なんぞiPhoneでとりませんのでそういうのはどうでも良いのですが、広角、超広角(Proでは望遠も)カメラの1つ1つの性能が上がっています。絞り値がそれぞれ暗所にさらに強くなっており、光の取込力が上がっています。さらに、12シリーズでは最上位のPro MAXでしか搭載されなかった「センサーシフト手ブレ補正」が全機種に搭載されています。

iPhone13 Proでの変更点

・リフレッシュレートが120Hz対応

画面のリフレッシュレートが最大120Hzに対応しました。さらにこれは可変式なので必要ないときは逆にリフレッシュレートを抑えてくれるのでバッテリーにも優しいです。対応するゲームや高速でブラウザやSNSをスワイプしたりするときにリフレッシュレート120Hzは輝くでしょう。

・画面の明るさがさらにパワーアップ

これまでProだと画面の明るさは最大1000ニトでしたが、iPhone13Proは最大1200ニトです。明るい昼間でも画面を見るのに苦労しません。

自分が購入したのは「iPhone 13 Pro 256GB」

iPhone13 Proゴールド

容量はいつも通りの256GBで、Pro(6.1インチ)です。色は12で意外にも綺麗だと感じたゴールドがたぶんそのままだと信じてゴールドにしました。ゴールド買うの初めてかも……。

ガラスフィルムやケースは流用不可

今回注意しなければならないのは、画面はノッチが若干小さくなったのでガラスフィルムは12のものを流用できません。さらに、本体も若干厚みが増してるはずなので流用が難しいと思っておいたほうが良いです。

既存iPhone・iPadなどを安く買うなら

【Amazon整備済み品】iPad Cellularモデル取り扱い開始

アマゾン整備品済みはきちんと整備されているのでほぼ新品と同等のものです。今では手に入りにくいiPhone7、iPhone8、初代SEなどもあったりします。

  • この記事を書いた人

たからん

フリーライターでお仕事してます。 基本的に契約で、記事を卸したり、サイトのディレクションなどをしています。 PS4ゲーム、PCゲーム、スマホソシャゲが好き! 趣味は筋トレ&散歩です。散歩先の写真を撮ったりしています。

-PC・スマホ
-, ,