台風19号の襲来と被害状況

台風19号がやってきた

私が住んでいる地域は千葉県北西部なのです。幸い、前回の台風15号の被害影響は無かった地域だったのですが、今回はかなり広範囲かつどこもかしこも凄い被害状況でした。

10月12日(土)の台風状況

千葉県北西部2

10月12日(土)の朝5時。この時点では、まだ台風は八丈島の西にあって、まだまだな感じでした。天気も夜にちょっと降った程度で、風もそこまで強くない感じ。

お昼になると、雨も強くなり、風もところどころ強くなる。千葉県の千葉市以南ではすでに停電も頻発していたようで、ウェザーニュースの生放送をずっとつけっぱなしにしながら過ごしていました。

夜になると顕著に酷くなり、19時過ぎには台風は伊豆に上陸。色々な河川の氾濫情報も流れていたので、とても不安ではあるものの、22時には就寝しました。

10月13日(日)の台風状況

千葉県北西部1

私は毎日朝4時に起きてるのですが(おじいちゃん)、早朝に散歩やランニングをして運動しています。この時点ですでに雨は完全に止んでおり、風もそこまでは強くない感じ。被害も町中を回ってみても、大きな被害はなさそうでした。

緊急速報

完全に台風一過で晴天でしたが、朝9時に緊急速報がiPhoneに届きました。

利根川が氾濫しそうとのこと。幸い私の住んでいる近辺は、洪水ハザードマップを確認しても被害はなさそうな感じでしたので、しばらく様子を見ることにします。

災害対応はまず自分で、他人のせいにしない

フェイスブックやツイッターを確認すると、ここの避難所は危ないから他の避難所へ行って下さいと言われて怒ってる人がいたり、どこが避難所だか分からないで怒ってる人がいたりとか、自分の準備不足を棚に上げて、役人に怒ってる人がいるそうです。

事前に準備ができる台風でこれなんですから、突発的な地震などの災害のときは本当に混沌としそうですね……。各自治体でハザードマップや、避難所一覧が公表されているのですから、それを事前に入手したり、その時々で確認したりするのは、最低限の自己責任だと思います。

緊急だとボランティアの方がいらっしゃらない限り、相当潤沢な資金を持っている役所じゃないと人なんてそこまで当てられませんので。自分の命はしっかり自分で守りましょう。

ダムのありがたさを痛感した台風19号

あと、ダムのありがたさを痛感した今回の台風災害でした。

各所のダムが時間稼ぎをしてくれたおかげで、避難できる。なければそのままダイレクト水害ですからね。それを知りもしないで非難する人がいることに驚きます。

八ッ場ダムもギリギリ完成して、試験という名の本番で、利根川もかなり時間を稼げた。

それでもかなりの被害が各所で起きているので、治水事業は公共事業の中でもとても大事なんだなと改めて感じますね。