ダイエットや運動を続けるコツ

私がダイエットをするようになってそれまで全く運動をしなかったところから、毎日運動をすることして、1年が経過しました。

その結果、体重は1年で25キロ減になり、デブではなくなりました。痩せてもないですが。歳も35歳になって若くはないので、体重落とすの大変なんだろうなと思っていましたが、かなり順調に落ちました。

毎日、消費する運動カロリーのノルマを決めてそれを必ず毎日欠かさず消化するように努めました。1年間でサボったのは0です。

日課にするのが一番続く

運動することを日課にするようにすれば、サボらなくなる可能性が高いです。人間誰しも辛いことやめんどくさいことからは逃げたくなります。管理してくれる人が居ないとそうとう意思が強くないと絶対サボります。

最初はやる気があるので頑張るんですが、2週間~3週間くらいすると怪しくなるものです。

天気が悪いからと休むと駄目

有酸素運動、特にジョギングやウォーキングなどだと「天気が悪いから、今日はお休みにせざるをえない」ということになると、そこを皮切りにサボる可能性が出てきます。

なので、室内でも運動できる環境を作るのが大事です。私の場合だと、エアロバイクを購入したので、雨の場合は必ずそれで運動していました。

エアロバイク

エアロバイクだと、画面なんて見ないのでそのかわりそこにタブレット置いて、映画や動画なんか見ながら出来るので良いですね。

エアロバイクも安いものだと2万円程度で買えますが、それでも買えない方なら、家の階段の上り下りを何度も行うとか、スクワットを100回、200回やるなどでも良さそうです。

走るほどにはカロリー消費できなくても、サボらないようにする、運動を日課にするためなので問題ありません。

あとは辛すぎるタスクだとそれに負けてやらなくなることもあるので、慣れるまでは少し簡単な目標設定にしておくと良いでしょう。1~2週間ごとに少しずつノルマを上げていきましょう。

管理してくれる人がいないならモノで

アップルウォッチ

日々の成果が確認・管理できると確実にモチベーションが保てます。毎日、運動日誌をつけても良いのですが、楽ちんなのがアップルウォッチです。

めんどくさがり、三日坊主が当たり前だった私が運動を日課に出来たのは、確実にこのアップルウォッチのおかげといっても過言ではありません。

運動カロリーの目標消化もこれで確実に管理できますし、本気でダイエットをモノにしたければ、スマートウォッチはかなりおすすめのガジェットです。

運動は朝にやっちゃうのが一番良い

平日だとどうしても仕事終わりに運動するとなると、かなりハードルが高くなります。

  • 仕事でどうしても疲れてやる気が起きない
  • いきなりの残業で運動する時間が持てない
  • 同僚といきなりの飲み会が発生

などなど、運動を続ける上での障害はかなり起きやすいですよね。1日くらいとか思うとやっぱりそれがサボる癖になっちゃうことが多いです。

なので、朝早めに起きて30分~45分でも運動しちゃうのが一番確実です。

私の場合は、朝4時or5時に起きて運動してから仕事へ、夜も遅くても23時に就寝といった形にしてます。最初は起きれるか自信がありませんでしたが、アップルウォッチをして寝ることでアラームが腕が震えて鳴るので確実に起きれるようになりました。

まとめ

今までダイエットを成功させたいけど出来なかった方は、絶対に自分の1日の過ごし方を変化させないと成功しないと思います。

まずは運動することに慣れ、日課にするようにしましょう。