MacBook Airの2020年版最新機種が登場!|13インチProとの違いは?

MacBook Airの最新機種が登場

MacBook Air

昨日はiPadProの最新機種を紹介しましたが、同日にMacBook Airも最新機種が発表されました。MacBook Airは前機種がでるまでは長らくリニューアルされずに放置気味でしたが今回はわずか1年でリニューアルとなります。ただし、見た目の大きな変化はありません。

MacBook Airは13インチでの展開ですが、ますますMacBook Pro13インチとの違いがわかりにくくなってきました。細かな違いで一応差別化を行っています。

MacBook Airのディスプレイ

MacBook Airのディスプレイ

ディスプレイは400万以上のピクセルを詰め込んで2,560×1,600の解像度と、MacBook Pro13インチと同じです。ただ、500ニトの輝度と、広色域(P3)はMacBook Airでは謳っていないので、ここでProとの差別化が行われているようです。

MacBook Airのキーボードはシザー式に

MacBook Airのキーボード

MacBook Pro16インチでシザー式に変わったキーボードですが、MacBook Airでもシザー式になりました。Pro13インチよりひと先早く搭載されちゃいましたね。

MacBook Airはタッチバーがありませんが、むしろこのほうが良いと感じている方が多いと思うのでこの維持は嬉しい限りですね。単純に、タイピング(ライティング業務)が多い方はMacBook Airは最適な機種と言えそうです。Pro13インチはもうタッチバー搭載機種しかなくなってしまいましたからね。

ちなみにトラックパッドが従来より20%広くなってより使いやすくなったようです。

カスタマイズはどこまで可能?

MacBookは自分でスペックをカスタマイズして注文することができます。

今回のMacBook Airでは、以下の通りです。

CPU第10世代 インテル
1.1GHzデュアルコアIntel Core i3(TB使用時最大3.2GHz)、4MB L3キャッシュ
1.1GHzクアッドコアIntel Core i5(TB使用時最大3.5GHz)、6MB L3キャッシュ
1.2GHzクアッドコアIntel Core i7(TB使用時最大3.8GHz)、8MB L3キャッシュ
RAM8GB 3,733MHz LPDDR4Xメモリ
16GB 3,733MHz LPDDR4Xメモリ
ROM256GB SSDストレージ
512GB SSDストレージ
1TB SSDストレージ
2TB SSDストレージ

こんな感じになっています。CPUは第10世代のインテルなので、省電力だけでなく内蔵GPU性能にも期待できます。ROMも最大2TBまでカスタマイズ可能なので、自分の使い方によって幅広く選択できるのは嬉しいですね。

まとめ

新しいMacBook Airはいかがでしょうか?個人的には既存のPro13インチよりは魅力的です。細かいところだと、スピーカーやマイクも性能UPしているようです。

こうなってくると新しいPro13インチには内蔵じゃなく、安いものでもいいので別途GPUを搭載してほしくなってきます。Proは13インチと16インチでは基本性能が全然違いすぎるのがちょっと同じProを関しているのに違和感を感じるんですよね。

おそらくPro13インチも今年中には新しくなる(14インチになるかもとの噂)と思いますのでMacBook Airとどのような差別化をしていくのか楽しみですね。