iPadシリーズはどう選ぶ?|私がよく使用しているアプリも紹介

用途別「iPad」の選び方

iPad
iPadシリーズは現在4種類

iPadもいくつか種類があります。iPadOSでも、ミドルスペックノートパソコン以上のパワーを持つ「iPad Pro」、軽さとパワーを併せ持つ「iPad Air」、エントリークラスの「ipad」、約8インチと小さいながらも十分なパワーを持つ「iPad mini」の4つです。

iPadOSは現在、外部マウスやアップル純正のマジックマウス、トラックパッドも接続でき、しかもジェスチャーも対応しているため、ノートPCライクな使用も可能となっています。

iPad用途別簡易表

用途一番のおすすめ機種
電子書籍iPad mini
ゲームプレイiPad mini
○○しながら△△するiPad Air
テキスト編集iPad Air
イラスト作成iPad Pro
写真、画像加工iPad Pro
動画編集iPad Pro

まず、ノーマル「iPad」はあくまでもエントリークラスなので、最適!という用途はありません。チップセットがA10ではあるものの、iPhone7と同じなのでとりあえず重い動作が必要なものでなければ基本的にはなんでもこなせます。価格も税込み4万弱で入手可能です。

「iPad mini」と「iPad Air」は同じA12チップなのでパワーは同じですが、大きさと軽さが違います。電子書籍やゲームアプリをプレイすることについては、長時間手にしてても疲れにくい「iPad mini」がベストです。

Pro専用チップセットで下手なノートPCよりもパワーが半端ない「iPad Pro」は動画編集、画像編集などPCと同じような作業を行う際に真価を発揮します。アップルペンシルの扱いに慣れれば、イラスト作成などのクリエイティブな作業にかなり役立つ機種となるでしょう。12.9インチの大画面がある機種もProのみとなっています。

iPad Proでよく使用しているアプリ

基本的にゲーム、スケジュール、メモで使用していますが、他に個人的によく使用している、役に立つアプリもご紹介します。

PS4リモートプレイ

PS4リモートプレイ
PS4リモートプレイ

デュアルショック4が接続できるようになったので、PS4リモートプレイが簡単にプレイできます。だらだらしながら、外出先でもプレイできちゃいます。iPhoneでも可能ですが、やはり画面がでかいと快適にプレイできるiPadでのプレイがオススメです。

外出先でのプレイでは、Wifi接続でプレイが必要です。フリーWifiでは基本的に接続できないことが多いので、グローバルIPを取得できるポケットWifi、契約しているデータ通信が多いならスマホのテザリングでも一応はプレイできます。

「PS4リモートプレイ」をDLする

Planner for iPad

Planner for ipad
Planner

手書き入力ができるスケジュールアプリです。基本無料。文字色を変えたり、スタンプが色々あったりして自由度が高いです。1日、週、週レフト、月など好きなスケジュール表で管理ができます。残念ながら、手書きだとそれぞれ別扱いなので同期しません(週に手書きで予定を入れても、月では反映しない)。

せっかくアップルペンシルがあるので、スケジュール帳は手書きにしてみたいという方にはオススメできます。ただ、やっぱり色々同期できたほうが便利なので、デジタル管理なのほうが良いです(笑)

「Planner for iPad」をDLする

iテキスト

iテキスト
iテキスト

文章作成アプリです。単純にただ文字を入力することに特化していて、シンプルかつ使いやすいです。もちろん、使用するにはキーボードがあったほうが良いです。文字カウント機能やアンドゥ機能もあるので、執筆の下書きなどに大活躍します。

「iテキスト」をDLする

Photoshop mix

Photoshop mix
photoshop mix

正式なiPad版Photoshopも公開されていますが、色々制約などがあって、iPadではできないことも多いそうで、実際に使ってみて覚えることが面倒くさいので、昔からあるこちらを使用しています。

細かい作業もアップルペンシルでできるので、画像の切り抜き、切り出しに重宝しています。複数レイヤーでの作業、作成もできるのである程度はiPad Proならば快適に作業できると思います。

「Photoshop mix」をDLする