「Magic Trackpad」をとうとう購入|iPadをパソコンライクに使うなら必須アイテム

「Magic Trackpad」を購入

マジックトラックパッド

「Magic Trackpad」は、Appleのアクセサリーです。デスクトップ型のiMacでもMacBookのトラックパッドを使用するために発売されているアイテムです。

MacBookのトラックパッドは、昔からかなり評価の高い部分で、使いやすい、反応が良いなどで有名です。

ちょっと前まではiMacやMacBookをディスプレイ表示させて、遠距離から別キーボードと一緒に作業したりする時のためのものでした。

iPadをPCライクに使用するには「Magic Trackpad」が必須!

マジックトラックパッド

ですが、最近だとiPadOSでも使用可能になったことでさらに汎用性が高くなっています。特にiPadだとマウスを接続したとしてもちょっと使いにくい傾向にありますが、この「Magic Trackpad」を使用すると、iPadがかなりパソコンライクに使用できるので、iPadをパソコンのようにも利用しているならば、購入を検討してみることをオススメします。

iPadへの初回接続方法は、「Magic Trackpad」を電源をONにし、iPadの「設定」→「Bluetooth」から、「その他のデバイス」に表示された「Magic Trackpad」を選択するだけでOKです。次回からは「Magic Trackpad」の電源をONにすれば自動的に接続されます。

最新のiPadProだと、トラックパッド付きのキーボードカバーも販売されていますが、本体より重い&トラックパッドスペースが小さいなどでかなり持ち運びに苦労したり、使い心地が微妙だったりするので、普通のキーボードフォリオ+Magic Trackpad、または外付けキーボード+Magic Trackpadの組み合わせで持ち歩いたほうが良いかもしれません。

中身はいつもどおり超シンプル

マジックトラックパッド

箱自体小さいので、気軽に買ってかばんにいれて持って帰れます(笑)。

マジックトラックパッド

中身は本体の他に、充電用のライトニングケーブルと冊子のみです。

本体は後ろに充電用のライトニングケーブル端子、電源スイッチのみです。電源をONにするとトラックパッドの感圧センサーもONになって、あの気持ちいい疑似カチカチが体感できます。

お値段は、ホワイトが12,800円くらい。スペースグレーが14,800円くらいです。なぜかいつもスペースグレーが2,000円くらい高いのがお約束。塗装費……?(笑)

Amazonでは大体いつも売り切れていますので、Apple取り扱いのある家電量販店か、Apple公式ストアで購入したほうが早いです。

個人的な使用方法

私は、iMacは持っていないですが、家でもMacBook Proを使用するときに、ディスプレイへ出力して浸かっているので、その際にMagicKeyboardとMagicTrackpadで使用する感じです。

iPadProも持っていますが、基本的には外ではMacbook Proを持ち歩くので、iPadでは使わないかなと思われます。ただ、Macbookは16インチなので、iPadでも十分かなーと言うときは、トラックパッドと一緒に持ち歩くことも今後はあるかもしれませんね。