iPhone 12/Proシリーズまとめ|想定よりも高性能なmini

iPhone12は前情報通り、4機種展開

ついにiPhone12が発表されました。前情報通りに4機種の展開となっており、ProのノーマルとMAXでも性能が違います。

  • iPhone 12(6.1インチ有機EL)
  • iPhone 12 mini(5.4インチ有機EL)
  • iPhone 12 Pro(6.1インチ有機EL)
  • iPhone 12 Pro MAX(6.7インチ有機EL)

画面の大きさが5インチ台なのはminiだけになってしまいましたが、Proもベゼルを削ったことにより、従来の大きさとほぼ同等(ほんの少しだけ縦に大きくなってます)で、画面を大きくしています。残念ながら画面上部のノッチはそのままです。重量も11Proと同等です。

全機種の共通部分

  • A14 Bionic チップ搭載
  • 有機ELディスプレイ(Super Retina XDRディスプレイ)
  • HDR、広域色(P3)対応
  • 画面落下強度が従来の4倍
  • MagSafe対応
  • Felica搭載
  • 5G対応(全機種日本のミリ波には非対応)
  • Wシムスロット(1つは物理SIM、1つはeSIM)
  • ライトニング端子継続

大まかには上記の通りです。12も12miniも12Proもすべて同じチップ、ディスプレイ性能も最大輝度は12シリーズと12Proシリーズで少し違いはありますが、ほぼ同じです。

5Gのミリ波は残念ながら全機種で日本では非対応です。ただ、まだまだ5Gで使える場所も限られているのでミリ波の恩恵は日本ではほぼないです。

ライトニング端子は私の予想通り継続ですね。たぶんノッチが残り続ける限り、画面下側の強度とベゼル狭化のためにはライトニング一択なのでしょうがないですね。今回のMagSafeが好評だったら、端子自体を無くしそうですね。普段はMagSafe対応のスマホリング、充電時はMagSafe充電とかで取り外しが気楽にできたら全然有りかもと思ったり。

iPhone 12 Proの魅力

iPhone12Pro

カメラ部分にLiDARスキャナが搭載されたので、ARに強くなっただけでなく、ポートレートでもナイトモードで撮影可能となりました。

基本のカメラ3つもすべてパワーアップしているので、スマホで本格的な写真を撮るにもProの選択は有りです。さらにProだとRAWデータとして残しておくことも可能となっています。

ProMAXは、望遠が通常2倍なのが2.5倍まで可能という点と、センサーシフト手ブレ補正がついています。一眼レフで搭載されている本格的な手ブレ補正システムです。もともとiPhoneProの手ブレ補正はかなり強力でしたが、これによりさらに手ブレに強い撮影が可能となります。写真や動画が使用メインの場合はProMAXがオススメです。

デザイン面では、iPhone12共通でサイドエッジになった(iPhone5と同じ丸みがない直角型)ので、サイドがステンレススチールのProシリーズは本体の色が綺麗に輝きます。ただ、どうせケースつけてしまうのであまり恩恵はないですかね……。裸で使いたいけど10万もする持ち歩きまくる物体を裸で使うなんてそんな勇気ありません。

iPhone 12の魅力

iPhone12

iPhone12は、カラーバリエーションが豊富な点が一番の魅力です。

さらにこれまでディスプレイが液晶だったのを有機ELに変わったので画面の点でもProとそこまで遜色はありません。今回からの大きな違いは、カメラ性能くらいです。LiDARが非搭載、広角と超広角の2眼構成なので、Proと比べると物足りないと感じるかもしれません。ですが、ちゃんとiPhone11よりはカメラ性能はUPしていますし、超広角カメラは搭載されているので必要十分ではあります。

有機ELになった影響か価格はiPhone11よりは1万円程度高くなりましたが、それでも魅力的なiPhoneです。

iPhone 12 miniの魅力

なんと言っても、本体サイズの小ささです。ディスプレイサイズは5.4インチですが、4.7インチのSE2よりもさらに本体サイズがコンパクトになっています。

直近の高性能スマホはAndroid含めてもデカイものばかり……。そんなスマホ市場に一石を投じる機種となるでしょうか?

左がiPhoneSE2、右がiPhone 12 miniです。

高さは約7mm、幅は約3mm、重さは15gも小さくなっています。iPhoneX以降、本体がでかくて持ちにくいといった女性の方でもこのサイズはかなり魅力的です。

性能もiPhone12と同等ですので、小さいiPhoneをお求めならば、miniがオススメです。しかもお値段もお買い求めやすい価格。

各シリーズの予約開始日と発売日

1212 mini12 Pro12 Pro MAX
予約開始日10月16日11月6日10月16日11月6日
発売日10月23日11月13日10月23日11月13日
価格94,380円〜82,280円〜117,480円〜129,580円〜
容量(ROM)64GB〜64GB〜128GB〜128GB〜

MagSafeって何?

MagSafe

今回のiPhone12シリーズは、背面に磁石が搭載されているので、そこにピタッと装着できるアクセサリーのことです。iPhone 12とiPhone 12 Proのためにデザインされた、新しいケース、カード入れ、充電器などが用意されています。

今の所公式で出しているのはこの3点がメインとなっていますが、私が冒頭にしているスマホリングなどもおそらく可能じゃないかなと思うので、サードパーティ製のMagSafeアクセサリーがかなり楽しみです。今まで、スマホリングつけてるから、Qi充電諦めていましたが、マグネットで取り外し可能ならば利便性は高くなりそうです。

「iPhone 12シリーズ」をApple公式サイトで確認する

「iPhone 12 Proシリーズ」をApple公式サイトで確認する