2020年買いたいものリスト(1月現在)

明けましておめでとうございます

早いことでもう2020年。みなさま、明けましておめでとうございます。今年初投稿は、2020年に買いたいもの・理由をご紹介したいと思います。物欲に塗れてます。2020年もいっぱい良いものを買いましょう!

MacbookPro 16

MacbookPro16

はじめはMacbookPro16です。去年リリースされたMacbookProの新型となります。現在使用しているノートパソコンはMacbookPro13(2017)なのですが、やはりパワー不足を感じています。基本文字だけなことも多いのですが、イラレやフォトショも使いますし、たまに動画も編集したりするのでやっぱり通常のMacbookProだとなかなか辛いですね。しかも2017年モデルはCPUがパワーアップする前のモデルなので、さらにそれを感じます。

ここで一気にスペックアップを目論んで、16インチの新型を購入しようという魂胆です。家電量販店で触った感じだと、シザー式キーボードもタイピングしやすかったので、楽しみですね。2月ごろ購入予定。

AppleStoreで確認する

有機ELテレビ

2つ目は有機ELテレビです。別にオリンピックのためではございません。地デジの無理やりアップコンバートした画質なんてタカが知れているので。有機ELの性能まったく活かされてませんからね。

やっぱりPS4ProとPCゲーム、アニメなどの動画用ですね。私のテレビ=PCモニターでもありますし、大画面だとやっぱり作業しやすいんです。

SONY KJ55A8F

有機ELテレビSONY

候補1番はSONYの製品です。基本的に有機ELのパネル自体は全部LGのパネルなのでどれでも同じじゃない?と思ってる人もいるかもしれませんが、テレビで重要なのはパネルの次には「処理エンジン」です。この処理エンジン次第で画質が大きく変わります。パネルの大本であるLGの有機ELテレビがあんまり評価良くないのはこのエンジンがそこまで良くないからですね。

日本の各メーカーが開発したエンジンはかなり高品質なので、やっぱり日本製をなるべく買いたい。ということで、今のテレビもSONY製で慣れているという点で、このKJ55A8Fが第一候補です。今年もオリンピック前に新型が発売されると思いますが、型落ちで値段下がったところを狙うのも手ですかね。

Amazonで確認する

ハイセンス 55E8100

ハイセンス55E8100

第2候補はハイセンスの製品です。ハイセンスは中国メーカーなのですが、東芝のテレビ事業を買収した会社です。なので、最近のハイセンスの製品にはほぼすべて東芝のレグザエンジンを搭載しています。昔はハイセンスのテレビとかあんまり画質も良くないし、テレビつけても起動がくっそ遅いという印象がありましたが、実物を見る限りだともうそんなことはないように思います。しかもレグザエンジンはゲームに強いんですよね。

日本メーカーのものは安くても20万前後の値段ですが、ハイセンスのこの商品は15万前後と有機ELテレビの中でもかなりリーズナブルに購入できます。SONYの有機ELの値段が下がらなかったら、こちらを購入しようかなと思ってます。

Amazonで確認する

Apple Watch シリーズ5

AppleWatch5

欲しい物3つ目はAppleWatchシリーズ5です。現在使用しているAppleWatchはシリーズ3なのですが、アップデートやアプリのDLにものすごく時間かかるんですよね。通常使っているときにはあまり不便を感じることはないのですが。ディスプレイの常時点灯などかなり時計らしくなってる部分も魅力です。

毎日の運動、カロリー消費などでダイエットに成功したのはこのAppleWatchのおかげなので、今後もしっかり運動サボらないように利用し続けようと思っています。やっぱり毎日数字でしっかり確認できるのはモチベーション保つのに大事ですね。

AppleStoreで確認する

Kindle PaperWhite

キンドルペーパーホワイト

最後はKindlePaperWhiteです。読み物に特化した電子書籍リーダーですね。最近、アマゾンで小説や漫画などめちゃくちゃ買って読んでるんですが、いかんせんiPadProだと重いんです。片手で読むとか辛いです。筋トレになりそうだけど(笑)

なので、別途小説読むのに便利なKindlePaperWhiteを検討しました。ほかにも高性能のOASISもあったのですが、値段の割にそこまでって感じがしたので、とりあえずはこの機種で試してみたいと思います。

実は、アマゾンの年初セールで4,000円引きだったのですでにポチっちゃいました。すぐに届くと思いますので届いて使ったらレビューも簡単にしたいと思います。ちなみに、KindleやFIREシリーズは広告有り版となし版がありますが、有り版は安くてもとてもバッテリーを消費し、バッテリー寿命を駄目にします。購入する方は若干高くなっても広告なし版を購入するのをオススメします。

Amazonで確認する

まとめ

今年も欲しい物いっぱいです。しかもそこそこ値段張る…。そして、新商品なども発表されて発売していくと思いますし、年末にはPS5も発売されます。お金のやりくり頑張って、欲しい物を欲しい時に購入できるように頑張りたいと想います。