PC・スマホ

iCloudの容量圧迫の原因と解決方法

iCloudの容量

iCloudとは?

iCloudは、Apple製品のデバイスに組み込まれているクラウドサービスです。主には、iPhoneやiPad、Macで使用する頻度が高いです。基本的には自動的に作動しており、同じアカウントでデバイス間のスムーズなやり取りができる大事なサービスとなっています。

誰でも無料で5GBまで使用することができます。ですが、Apple製品の使用履歴が長かったり、しょっちゅう写真や動画を撮ったりしている場合、さまざなアプリをインストールして使用している場合、Macなどパソコンでのファイルを保存している場合は5GBはあっという間に埋まってしまいます。

iCloudの容量圧迫の主要因

バックアップが原因

私の場合は、バックアップに一番容量をとられています。所有しているデバイス毎にバックアップが作成・更新されていくので、別(パソコンや外付けストレージなど)に別途バックアップ手動で作成している場合は不要だと言う方は、バックアップ停止とバックアップ削除をすることでかなりの容量を削減できます。

特に5GBの無料範囲で運用したい方はiCloudでのバックアップは現実的ではないので、パソコンで手動でバックアップを取るのが良いでしょう。

iPhoneやiPadでのiCloudバックアップの解除方法

「設定」→「一番上のApple iD、iCloudを選択」→「iCloud」→「iCloudバックアップ」をオフ

写真が原因

iPhoneなどの写真は「ストレージを最適化」にしていると本体に保存せずに自動的にiCloudへアップロードしていきます。iCloudに写真や動画などをアップロードしたくない場合は、まずこちらを「オリジナルをダウンロード」にしましょう。

MacやiPad間での写真のやり取りをスムーズにするには便利な機能ですが、できるだけiPhone自体の容量でやりくりするほうが普段から整理する癖がつくと思うのでiPhoneの容量が少ない人はむしろ「iCloud写真」をOFFにしたほうが良いです。

別途保存しておきたい場合は、やはり手動でPCや外付けストレージに移動して保存しておくのが良いでしょう。

iPhoneやiPadでのiCloud写真の解除方法

「設定」→「一番上のApple iD、iCloudを選択」→「iCloud」→「写真」→「iCloud写真」をオフ

iCloudの容量をアップグレードする

iCloudは有料でアップグレートプランが用意されています。他のクラウドサービスの値段と比べるとかなり格安で利用できます。有料最低の50GBで毎月130円で利用できるため、iCloudの整理がめんどくさい、ある程度はデバイス間のデータのやり取りで活用したい方はぜひアップグレードも検討してみましょう。

200GB以上のプランからは家族とも共有可能になるため、さらにお得に有効活用できます。

  • この記事を書いた人

たからん

フリーライターでお仕事してます。 基本的に契約で、記事を卸したり、サイトのディレクションなどをしています。 PS4ゲーム、PCゲーム、スマホソシャゲが好き! 趣味は筋トレ&散歩です。散歩先の写真を撮ったりしています。

-PC・スマホ
-, , , ,